三井住友銀行カードローン増額

総量規制対象外は銀行カードローン!

キャッシングの利用がはじめての方は、「総量規制」の意味について分からないかもしれません。
総量規制は、2010年6月18日に施行された改正貸金業法に盛り込まれた、新たなキャッシングのルールのことをいいます。
これまで、貸金業者による融資額の制限はありませんでしたが、2010年からは「年収の3分の1まで」に規制されています。
そのため、高額融資が必要なときは、総量規制対象外のカードローンを選ぶことになります。

 

総量規制対象外カードローンとは?

 

総量規制がある貸金業法は、「貸金業者」を取り締まるための法律です。
貸金業者は、消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などのことですので、プロミスやアコムなどの消費者金融は、総量規制の影響があるローンになります。
これに対して、規制の影響がない総量規制対象外は、銀行カードローンです。
銀行や信用金庫は、貸金業法の影響を受けませんので、すべて総量規制対象外となっています。

 

総量規制対象外の選び方

 

「総量規制対象外ならどこでも同じでしょ?」と思われる方がいますが、収入証明書の提出要件で選ぶのがおすすめです。
源泉徴収票などの準備に時間かかってしまいますので、できるだけ証明書不要なカードローンを選びます。
100万円までの希望額ならバンクイックやレイク、200万円までならみずほ銀行カードローン、200万円超なら楽天銀行や三井住友銀行のカードローンが収入証明書不要です。
総量規制対象外ならどこでも同じではなく、よりスムーズな申込みができるサービスを選びましょう。

 

総量規制対象外の申込みはインターネットから!

 

カードローンの申込方法には、電話や自動契約機、店頭窓口などがありますが、インターネットから申込むのがおすすめです。
インターネットからの申込みなら、申込み完了と同時に審査が開始され、融資を受けるまでの時間が短縮できます。
自宅への郵送物もなくなりますので、パソコンやスマホから申込むようにしましょう。